土曜日, 7月 01, 2006

ベティーお帰り!!!

ベティーが帰ってきました。みんな心配してたのでもうびっくり。もともと声はあまり出しませんが、猫語でも何があったのかは、語ろうとはしません。一週間もの間に何があったのかは、誰も知らないのです。飼い主のダディは、少しやせたみたいだね。と、話してました。とにかよかった、よかったと皆うれしそう。

土曜日, 6月 24, 2006

ベティーの帰りを待ってます。

Betty come home. We miss you.

ママのリリーも心配顔です。ミケは、ベティーが外からお家に向かって走って来るような気がします。今ごろ、おなかもペコペコのことでしょう。
 最近、カラスに脅かされたりいやなことがあったりしてたのに、もっと心配なことになってしまいました。

For Betty to stay away is almost unthinkable. She is very much the 'stay-at-home' type - very shy, timid and bashful. Certainly not the adventurous type. As the days pass, we fear the worst. Where can she be?

帰ってこないベティー

 今日で3日間、家に帰ってきていません。
時々、2日ぐらいは、家を空けることはあるけどとっても心配です。昨日も今日も、、、、。
皆で探したりしてますが、いません。
ベティーは、箱で眠るのが大好き。そして、とっても静かな声で鳴きます。ペットフードもとてもお行儀よく大切にゆっくりと食べます。けしてエバラず、とっても静かなお姉さん猫です。早く帰ることを祈ってます。

月曜日, 6月 19, 2006

ミケの毛皮


今日は、昨日と打って変わって夏のお天気。これからもっと暑くなるけど、この毛皮のコートどうしよう。ブラシしてもらうんだけど、まだ夏毛じゃないのよね。

土曜日, 6月 17, 2006

Just little ol' me.

日曜日, 6月 11, 2006

Whitey Under Attack!

The Day The Birds Came!




木の下に隠れ何かに怯えるホワイティー。





雨の中、二羽のカラス がホワイティーをめがけ、かわるがわる低空に飛びかい、狙っている様子。カラスの異様な「カー、カー」という鳴き声、そしてバタバタと羽ばたく音。
ミケは、窓から見ててもう怖くてはらはらドキドキだったの。助けたくってもできないし。
こんなのはじめて。なんでなの?


 はげしい雨の中じっと見ている親カラス。




















The Birds Prepare

Attack of the Crows!











あーーーーどうしよう。ホワイティー!







ダレカ、たすけテてーーーーーーーー。



何でカラスがあんなに怒ったのかわかったの。
庭のすみにある、除草した草のはいった袋の上にカラスの子供がいたからなの。その子を守るつもでいたのね。でもさんざん。このあと子ガラスは、何もなかったようにピョン、ピョン
はねて遊んでたけど、親カラスはしばらく空からずっと見守ってたの。



子ガラスと言ってもミケ(わたし)と変わらない大きさなのよ。













Keep Away and There'll Be No Trouble
まあ怖いけど、親カラスの愛情の深さには、ビックリ。

ホワイティーは、つつかれたせいかショックでしばらく動けませんでした。

もう、本当にさんざんな日でした。
                      ミケより。





The Day of the Birds! Whitey Under Attack

月曜日, 5月 29, 2006

アカネちゃんとトニー


今日は、久しぶりのお天気だしお散歩には最高。この近辺は、緑が多いから猫たちにとって環境はいいのよね。これはお友達のアカネちゃん(アメショ)とお兄さんのトニー。残念だけどトニーは、いまお空のお星様になってしまっの。

土曜日, 5月 27, 2006

お家の中は、とってもブリティッシュ





ぼくホワイティー。ぼくたち猫家族の主人は、英国人。家では、ダディーと呼んでます。マミーと呼ばれている人は、日本人。あと二人のリズとビッキーという名前のお姉さんがいます。初めの出会い
は ママのリリーが大きいおなかして、
お腹を空かせてお家に来たなのが始まりで、そしてぼくたちが生まれたの。だから生まれた時から会話は、英語。ぼくは小さい時 からほめられるとGood boyと言われたし、壁をガリガリと爪をたると Naughty boyって、よく怒られているの。リズとビッキーは、英国暮らし。だけど二人が帰ってくると家の中は、とってもブリティッシュ。今、お庭のお花もブリティッ シュローズの香りでいっぱい。